YouTubeを始めました!>>
スポンサードリンク




スケートデートでの注意点!

こんばんは〜

今日はクリスマスイブに行ったスケートデートをふまえて必要だったもの、また注意点を書いていこうと思います。

スケートデートでの持ち物

持っていった方がいいもの

  • 手袋
  • 靴下
  • 着替え
  • 絆創膏

スケートリンク内へは持ち込まない方がいいもの

  • 長いマフラー
  • メガネ
  • ヘアピン
  • アクセサリー
  • スマホ
スポンサーリンク

手袋

手袋は必須です。

もし、スケートをしたことがあって、得意でも手袋はしないといけません。

私たちが行ったスケート場も手袋がないと滑らせてもらえないシステムになっていました。

もし、忘れたら手袋は売店で売っていますのでそこで買うしかないですね!

なぜ手袋が必要かというと、

リンク内はスケートができる人だけではありません。

また、小さなお子さまがいたりもします。

自分が滑れたとしても

初心者がいる以上は

どうしても急に止まらないといけないことなどもあると思います。

そういったときはもうコケるしかありません。

コケたとき、手をつきます。

手袋があるとコケても滑り止めをしてくれて最小限の衝撃で済みます。

また、スケート靴の刃も危ないので手袋はするべきですね。

靴下

靴下はもちろん履くと思うのですが

できるだけ厚みのある靴下を選びましょう。

厚いの持っていないよ〜という方は靴下を2枚履きしましょう。

また、長さは長いほどいいのではないかと思います。

スケート靴がハイカットスニーカーくらいはあります。

紐をきゅうきゅうに結ぶのでかなり締めつけられます。

ですので短い靴下だと靴と擦れてしまう可能性があります。

さらに、リンクには氷が敷き詰められているので末端冷え症の方は寒いかもしれません。

足元から防寒しましょう。

もし、厚い靴下を履いて通常のサイズの靴が履けないという場合は

スケート靴の変更はできると思うので大きめに変えてもらいましょう。

着替え

これは私たちは今回必要なかったのですが

一応書いておきます。

コケた際、冷たいのもですが濡れてきます。

なので替えの着替えを持っていくべきでしょう。

私はコケなかったので必要ありませんでした。

春人くんはコケましたが帰るころには乾いていたので着替えませんでした。

そうですね、おそらく速乾性があったのでしょう。

1度濡れてしまったら乾きにくそうだなという服はあまり着ないほうがいいかもしれません。

また、ここで春人くんの実際のエピソードなのですが

スケートをしていたらだんだん暑くなってきます。

そこで春人くんは上に着ていたニットを脱ぐと言いました。

ニットを脱ぐともう普通の長袖の服。

いくらなんでも寒いからやめときなよと言いましたが

いや、もう暑い🔥😖

と言って聞きませんでした。

そして、滑っていくうちに春人くんはコツを覚えたらしく

もう少しこうしたらスムーズに滑れるかもとかいろいろ試していたら

すってーん キャー

後ろ向きに倒れました。

もう背中を強打して(しかも、薄着で)

それはそれは痛そうでした。

コケたことでもう服着なよ?っと言ったらニットは着ずにコートを着ていました。

まあ、着ていたらいいや。

みなさん、くれぐれも薄着になってはいけませんよ、、

春人くんは鍛えているのでこんな衝撃でもなんとか大丈夫でしたが

一般の方だと骨折れるくらいかもしれないと当の本人が言っていたので気をつけてくださいね!

絆創膏

絆創膏が必要だと思ったのは怪我をするからという理由ではありません。

スケート靴がワンサイズ上で履いても足が痛くなったためです。

私は痛くなった程度で済みましたが

春人くんは親指の方に大きな水ぶくれができていました。

また、どこが痛くなるかも個人で違うかもしれません。

私は小指側が痛かったですが春人くんは親指側でした。

水ぶくれの場合絆創膏はいらないかもしれませんが

軽い靴擦れ程度になるようでしたら

絆創膏は必要かなと思いました。

次にスケートリンク内には持ち込まない方がいいものを紹介していきます。

長いマフラー

防寒着としてとても役に立つマフラーですが

スケートの時はあまり、オススメできません。

マフラーがほどけてしまった時、拾う手間だったり、

落としてしまった時、他の人がそこを滑ってしまうことを避けるためです。

どうしても首元を温めたい場合は

ネックウォーマーか首が隠れるタートルネックの服を着るといいでしょう。

メガネ

私がいつもかけているメガネですが

メガネでなくても大丈夫な方はコンタクトにするか裸眼になりましょう。

メガネも取り外しがしやすいグッズですので

コケた時の衝撃でどうなってしまうかわかりません。

スケートリンク内で簡単に取れてしまいそうなものは避けた方がいいと思われます。

メガネで滑られている方もいましたので

安心してください。絶対ではありません。

ただ、コケる時はよく気をつけた方がいいですね。

ヘアピン

女の子なら髪の毛を結んだりする工程で

ヘアピンを使ったりするでしょう。

ですが、こちらはあまり使わないヘアスタイルで行ったほうが良いと思われます。

これもコケたときのことになるのですが

頭に刺さってしまったら怖いですよね。

なので私はもともとヘアピンを使用していましたが外しました。

別にダウンスタイルでも十分に可愛く見えると思うので

どうしてもアレンジしたい方は

お団子やポニーテールなどにしてピンを使うのを避けるようにしましょう。

アクセサリー

アクセサリーもヘアピンと同様の理由で怪我に繋がる可能性が高いのでやめましょう。

スケート場にはコインロッカーがあるのでそこにしまって置いたらよいと思います。

スマホ

常に欠かせないスマホですが

リンク内へは持ち込まない方が良いと思います。

私たちも持ち込みませんでした。

スケートをしている写真を撮りたいところですが

リンクによっては滑走中の写真撮影は禁止されていたりしますし、

ポケットなどに入れていてもコケて出てきたときに大変です。

だからコインロッカーに入れました。

しかし、ちょっとは写真を撮りたいですよね?

なので私たちは終わる時間のちょっと前にコインロッカーを開けて

交代で滑りました。

一方が滑って一方が写真や動画を撮るのです。

2人で手を繋いで滑っているところは撮れませんが思い出作りとしては1人で滑っているものでもいいかなと思います。

以上がスケートデートをしての注意点になります。

これから冬デートとしてスケートをする方にとって役に立てば嬉しいです。

Sponsored Links

コメント

タイトルとURLをコピーしました